読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古本と珈琲 八月の鯨 (浜松)

used books, roots music and coffee

映画プログラムの紹介

 映画は観てもプログラムを買うことはほとんど無くなった今日この頃、シニア料金対象者にもなって映画は以前よりはるかに観る機会が増えました。そのほとんどがミニ・シアター系の作品です。GW には映研(説明省略)のみんなで静岡シネ・ギャラリーまで遠征、『ネブラスカ』を観てきました。この映画、当地浜松(シネマイーラ)でも来月上映予定なのですが、ついでに『水曜文庫』、『壁と卵』といったニューウェーブの古本店にも寄りたいという、読書好きでもあるメンバーの強い希望もあり実現。因に両店主さんには開店早々の当店にわざわざ(それぞれのお店の定休日に)ご来店頂き恐縮しました。

 話題がそれました。今日は映画プログラムの紹介です。観た後の、ぱらっと眺めただけの何冊かのパンフレットが何故か捨てられずに残っておりました。というわけで、以下のタイトルを店頭に並べました。映画を観た方も、観忘れた方も、コレクターの方も是非お越し下さい。

 木靴の靴 / 十九歳の地図 / アメリカン・ビューティー / パルプ・フィクション / 時計仕掛けのオレンジ / アレクセイの泉 / ナイロビの蜂 / ノッキン・オン・ザ・ヘブンズ・ドア / ザザンボ / バリゾウゴン / ウディガスリー・我が心のふるさと / アバウト・シュミット / 震える舌 / 楢山節考 / Imagine / シャイニング / 夢 / Brass! / 旅芸人の記録 / ベニスに死す / ブリキの太鼓 / 路 / ミリオン・ダラー・ベイビー / サンシャイン / ストレイト・ストーリー / スタンド・アップ・・・。